世界の映画を楽しみましょう

2020年3月例会『マルクス・エンゲルス』

  • HOME »
  • 2020年3月例会『マルクス・エンゲルス』

解説

若きマルクスとエンゲルスの情熱を映像の中に発見する

 あなたは、カール・マルクスという人物をどうイメージするでしょうか。歴史の教科書に載っている過去の偉人、思想家、哲学家、共産主義者、そして著作「資本論」。
 時を経て、世界は共産主義国家の樹立と崩壊を経験し、近代においては、一党体制の弾圧的な政治のやり方と共に、人々には彼の思想のマイナスイメージだけが植え付けられたのだと感じます。
 21世紀になってからは新自由主義の名の下で、「持てる者」と「持たざる者」という新しい階級社会が形成され、貧富の差が広がる一方で、国境を超えてまで「労働」は切り売りされ、人々の暮らしに人間の生きる喜びがどんどん薄まっていく現象が世界中で起きています。
 資本主義の行き詰まりを実感する昨今、再び人々はマルクスを求め始めています。
 トマ・ピケティの「二一世紀の資本」が世界的なベストセラーとなり注目を集めました。近年、日本でもマルクス研究の著作だけではなく、「資本論」の新訳や漫画化された本が出版されています。
 映画は産業革命の時代をむかえ、社会の体制が大きく変わろうとしていたヨーロッパで、まだ何者でもなかった若きカール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが出会い、議論を重ねながら「共産党宣言」を共同執筆していくまでを描いています。
 彼らは、その時30歳にも満たない若者でした。

変わりゆくヨーロッパ社会の中で
 ヨーロッパは長く続く絶対王政の時代の中で、戦争や飢餓、疫病、不景気などを経験してきた。
 1840年代の半ば、社会は大きく変わろうとしていた。イギリスを発端とした「産業革命の時代」を迎えていたのだ。社会は新たな「支配するもの」と「支配されるもの」を作った。それは「労働」というキーワードを持つものだ。
 
マルクスの旅
 冒頭、森で枯れ木を拾う貧しい人々に襲いかかる馬に乗った男たち。汚れたボロボロの衣類をまとった老若男女は逃げまどい、簡単に命を奪われる。わずかな森の恵みを頂きながら生活の足しにしてきた貧しい暮らし。しかしもう枯れ木一本も民の物にはならない。
 マルクスが書いたプロイセン政府によって施行された「木材窃盗取締法」を痛烈に批判した記事は「ライン新聞」に掲載された。
 大学を離れたカール・マルクスは、確固たる理想とそれに基づく思考を持ち、ジャーナリストとして活躍したが「ライン新聞」は言論統制によって廃刊となった。
 マルクスはプロイセン(ドイツ)を後にし、パリで婚約者である貴族の娘イェニーと暮らすが、その生活は貧しいものだった。
 その時、彼は26歳だった。

エンゲルスの決意
 マルクスと同じプロイセン生まれのエンゲルス。イギリス、マンチェスターで父が共同経営している紡績工場で働く彼は、労働者の現実や生活に関心を持ち自ら調査して「イギリスにおける労働者階級の状態」を上梓していた。
 パリでエンゲルスとマルクスが対面するシーンが素晴らしい。テーブルに座り、相手を見据える瞬間。まるで、一つの絵のようだ。
ブルジョア階級のエンゲルスが伴侶に選んだのは情報収集に協力もしてくれたアイルランド人女工メアリー・バーンズだった。
 彼は、運命ともいえる二つの出会いを受け入れながら、喜びと苦悩を伴う人生を選んだ。
 父との確執は当然のこと。会社経営者でありながら、共産主義を支持する自分自身への疑問。矛盾に悩む気持ちを、手紙に書き綴り送る相手はいつもマルクスだ。
 その時、彼は24歳だった。

19世紀のロンドンのクラブにて、そして、今この時代
 新たなステージに上がるため「正義者同盟」の入会に挑む二人はイギリスに赴いた。
 ロンドンでエンゲルスは男性のエリート層しか入れないジェントルマンクラブに、マルクスとメアリーを連れていくのだが、その場での彼の父の友人とマルクスとのやり取りが興味深い。当たり前のように幼い子どもを低賃金で重労働につかせる工場経営者。利益を追求することで、巨万の富を得たいのならまだしも、そうしなければ経営が成り立たないと考えるのだから罪悪感など一切ない。搾取している実感も。
資本主義の行きつく先は、この様な形なのかもしれないと思わせる現代にも通じるシーンだ。
 日本では、技能実習生や留学生の形をとった外国籍の低賃金労働者の存在を国民全体が黙認していたが、正式に外国人労働者を受け入れる制度が昨年から実行された。
 しかし、かねてから移民を多く受け入れてきたアメリカやヨーロッパでは、経営者たちが選んだ「安い労働者」を「自分たちの仕事を奪う人間」として認識する人々を作り出した。
 原題は「若きマルクス」、ラウル・ペック監督は約六年間の準備の末、生誕200年になる2018年に向けて、若いマルクスとエンゲルスをスクリーンに映し出した。
 ハイチ生まれで、ベルリンで学んだ監督は、「歴史の中で影響を与えた過去の人物として描く事にためらいがあった。教科書に載っている白い髭をたくわえているマルクスではなく、軽やかで饒舌で攻撃的で、それでも自分の考えを曲げないエネルギー溢れる若きカールを描きたかった。ヒューマニズムを熱望した末の富の分配、男女平等、児童労働といった彼のテーマは、現在世界中が抱える問題と通じる」と語る。
 マンチェスターの過酷な工場や劣悪な貧民街、パリの屋敷の内装など当時のヨーロッパの空気を感じる映像の中の彼らが、ドイツ、フランス、ベルギー、イギリスで西欧諸国のそれぞれの言語で語り、議論し、挑戦しつづける様子に若さが持つ勇気と柔軟さを感じる。
 マルクスの多くを知らない観客もスピーディーなストーリー展開の中に、彼が何にこだわったのかを理解するようになるだろう。  
 彼が同じ時代に生きる思想家を否定した部分は、美しい言葉だけを掲げること、信じればあたかもパラダイスが実現するというような絵空事を民衆に植え付けることだった。プルードンのような高名な論者にも臆することなく、意見を言い、時には相手を攻撃する彼の力強さに圧倒させられる。
 逆にマルクスは、非常に現実的な人物だったのではないだろうか。人々が幸せになる「共産主義」は実現しうる「システム」だと信じ、経済学に強いエンゲルスと出会ってからは確信を持った。
 マルクスとイェニー、エンゲルスとメアリー、若い二組のカップルが読み合わせをしているシーンが美しい。
 「ヨーロッパに幽霊が出る」と。
(宮)

スケジュール

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 神戸映画サークル協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP