世界の映画を楽しみましょう

2018年11月例会『ナチュラルウーマン』

  • HOME »
  • 2018年11月例会『ナチュラルウーマン』

解説

激しく吹く風にあらがって

 紀元前25世紀のエジプト時代には古墳の壁画から史上最古の男性同士の同性愛を表したであろう記録が見つかり、紀元前630年にはギリシャのクレタ島では少年愛を若者の教育と人口抑制という二つの目的で法的に認めており、紀元前600年にはレズビアンという用語が初めて使われた。
 今日、私たちがよく耳にするようになってきたLGBTという言葉も歴史的には遠い昔からの流れの中から生まれてきたものだ。この世に男と女が誕生して以来、異性、同性に抱く感情にもいろんな形が生まれた事は想像に難くない。日本でも平安時代以降、暗黙の了解という形でいろんな愛の形を認めてきた。
 この映画『ナチュラル ウーマン』は今の自分の感情に正直に自然に生きようともがく一人の女性を主人公としている。
 映画の原題は『Una Mujer Fantastica』というスペイン語であり、「素晴らしい女性」という意味を表している。映画の舞台は南米チリ。19世紀にはドイツ、フランスの教育制度を取り入れて中南米諸国の中でも教育水準はとても高く、治安も安定している。神戸とのつながりでは有名なチリ料理店のグラン・ミカエラ・イ・ダゴ(Gran Micaera Y Dago)が古くからある。
 主演マリーナには自身もトランスジェンダー女性で歌手のダニエラ・ヴェガ。
 監督はサンティアゴ生まれのセバスティアン・レリオ。チリの首都サンティアゴを舞台に58才のキャリアウーマンの女性が孤独や更年期を乗り越え前向きに生きていく姿を描いた映画『グロリアの青春』で2013年ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を受賞。音楽監督のマシュー・ハーバートの曲もマリーナの心情を表す手段として数々の場面で効果的に使われ、作品に花を添えていて私は気に入っている。
 映画の冒頭、アルゼンチンとブラジルにまたがる世界最大の滝イグアスの映像が流れる。飛び込んだら死ぬだろうなと思いながら見ていると場面は重要な舞台となるサンティアゴ市内のサウナへと変わる。ここで流れるIllness(病気)というタイトルはマリーナの彼氏オルランドのこれからを暗示するとともにその曲調に何故か映画『ネオンデーモン』を思い出す。
 サウナ店の名前はスペイン語でサウナの始まりの国名を表すFinlandia. 因みにサウナの起源は2000年以上前のフィンランドのガレリア地方。食料を貯蔵したりスモークするための小屋がいつの間にか沐浴の場へと変わっていった。日本のサウナの始まりは1964年の東京オリンピック時、選手村にサウナを設けた事が契機となっている。
 レストランに入るオルランドに気づき、意味ありげな視線を送るマリーナ。彼女が歌うのはPeriodoco de Ayer(昨日の新聞)というスペイン語の曲だ。「あなたの愛は昨日の新聞みたい。誰ひとりもう読みたくない」という歌詞だ。
 マリーナにイグアスの滝へ行けるというメッセージカードを渡す男の胸の内にこの時、マリーナに対する思いがどれだけ残っていたのだろうか?
 「誕生日おめでとうございます」と微笑む中国系の女性。この作品の監督が敬愛する香港の映画監督ウォン・カーウィの分身?彼は『ブエノスアイレス』という作品で香港からアルゼンチンに働きにきた男同士の愛を描いているのだが…。
 ベッドで倒れた男を起こそうとする女。こんな時には横たえて安静が一番だとふと思うのだが…。映画はこの辺りから急展開になっていく。
 病院へ運ばれたオルランドだが死亡と担当医に告げられ、崩れ落ちるマリーナ。男の弟に連絡を取り、なぜか病院から姿を消してしまう。街中で尋問を受け病院に連れ戻されるマリーナは身分証の提示を求められ、ジェンダーだと明かす。
 オルランドの死をきっかけに彼の親族、家族たちと初めて顔を合わせるマリーナ。夫が親子ほど年齢差がある、しかもトランス女性マリーナと付き合っていた事実を知り、激しく彼女を責め立てる元妻ソニアと息子ブルーノ。純粋にオルランドを一人の男として愛し、自らの体も女性となったマリーナ。しかし世間の厳しい偏見と差別が彼女を襲う。
 彼の死に不審を抱く女刑事からマリーナが受ける尋問や身体検査はトランスジェンダー女性にとっては極めて屈辱的なものだ。思い出していたのは4月例会『サーミの血』でやはり偏見と差別の中で幼いサーミ族の少女たちが裸の写真を撮られる場面だ。しかし、マリーナにとって裸を写真に撮られる事がひとつの決断のきっかけになるのでは…。映画の後半に描かれる重要な場面、サウナを訪れる場面、歌曲を歌う表情へと繋がると思うのだが。
 歌曲を習う先生の教室に向かうマリーナ。先生は彼女の事を分かっていて彼女が歌曲を習う事でクラブの歌い手からもう一歩自分の人生を前へ進めようとすることを応援しようとする存在だ。練習で歌うのはイタリア語でSposa son disprezzata(花嫁は軽蔑される)という曲。彼女はどんな思いでこの歌を歌っていたのだろうか?
 練習を終え街角を歩くマリーナ。自分の生き方を決めた彼女に対して街角を吹く風は一層強さを増し、彼女の行く道を阻もうと激しさを増していく。まるで彼女の決断に覚悟を迫るように…。作品の中で主人公マリーナの心情をもっとも良く表しているこの場面はCGでもなく撮影方法は謎だとか。
 初対面のマリーナに対して、あなたはギリシャ神話に登場するライオンの頭、ヤギの胴体、蛇に尻尾を持つとされる怪物「キマイラ」だと屈辱的な言葉を投げつける元妻ソニア。同じように息子ブルーノもお前は化け物だとののしる。それでもマリーナの決意は変わらない。
 犬をもらい受け、映画の所々に現れるオルランド。バックに流れるアレサ・フランクリンが歌う名曲「ナチュラル・ウーマン」。歌詞はこう歌う。「だって貴方といると一人の女でいられる。ありのままの自分で。どこかに置き忘れていた心を貴方は取り戻してくれる」。変わりつつあるマリーナの表情。
 ロッカーの中に広がる無の闇を見つめ確認しながらマリーナの心にはここから新しい人生のスタートが始まるという思いが募ってきたことだろう。髪型も服装も新しくして自分の人生を始めようとするマリーナの晴れやかな歌声と表情が歌曲「オンブラ・マイ・フ(オペラの中では優しい木陰という和訳)」と共に印象的だ。
(水)

スケジュール

  • twitter
PAGETOP
Copyright © 神戸映画サークル協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
PAGE TOP