◎大変よかった  ◯良かった  ◇普通  ◆あまり良くなかった  ☐その他

気持ちの良い映画でした。最後の音楽もよかったです。(78歳 女)
見終った時、全身が暖かい気持に包まれている事に気付きました。来た時より元気になっている自分に驚きました。(78歳 女)
とても良かったです。私、地域で新年から読書会を発足させますが、呼びかけ文迷っていましたが、本日のシネマが示唆を与えてくれました。仏の移民国家あらためて知りました。(78歳 男)
映画らしい映画でしたね。ラストのフーコーとセドゥの会話ですべてがほっとしました。又、終わりに流れた音楽もよかった。(78歳 男)
友人にさそわれて来ました。良い映画でとても良かったです。感動しました。この様な先生がもっと増えたら幸せな社会になる事と思います。(77歳 女)
パリ名門高校教師のフランソワが貧困移民層の子供たちとの闘いの中で自らの信念と彼らを思う心を大切に、大きく成長させて行く姿は、現在の日本の教育に最も必要な教育であると確信した。(76歳 男)
フランスらしさを感じさせる映画だった。最後のなつかしい曲に心動かされる。(75歳 男)
人を信じることはすばらしい‼︎ とことん信じれば、きっと通じるのね‼︎(74歳 女)
教育映画(?)はいいですね。教育とは愛?(74歳 女)
思ったより更に奥のあるいい映画でした。しっとりと心に響きます。フランス語がもう一寸聴きとれれば更に面白かったかと少し残念。(72歳 男)
どちらが教師か生徒か…いくつになっても、年がちがっても人間同士教えられる事が多いです。フーコー先生、一年間でも悪ガキ達の学校に行ってよかったですね。(71歳 女)
フランス版金八先生は先生も生徒もカラっとしていて、またこれも面白いです。(70歳 男)
成功体験−大事ですね。人を育てる。(70歳 男)
子供達を信じることの大切さ。難しいが…フーコー先生の姿に感動しました。(69歳 男)
多民族国家の大変さと寛容の持つ良さとを考えさせてもらいました。最後のセリフも仏映画らしくてグッときました。(66歳 男)
子供を信じる事で子供たちと共に自分も新しく成長できる。教える事のよろこび、学ぶ事のよろこびが、画面からあふれている。感動した。(66歳 男)
した。(女)
二度目ですがやっぱりよかったです。結構テンポよく話が展開しているとあらためて感じました。導入が面白い。誠実さは誰にでもとは言えないが、純粋な子どもたちには間違いなく伝わるものだと思った。(65歳 女)
学校問題をテーマにした映画はよくあるが予想外に良かった。ストーリー的に結論づけないで開かれたラストシーンはフランス映画の味。(64歳 男)
ラストの歌がピッタリ!一年で終わりなのか…。又、この中学に帰ってくるのか、帰ってきてほしいと思いました。教師みょうりにつきるセドゥの言葉ですね。(63歳 女)
教師は生徒たちにやる気を起こさせてなんぼの世界にいるんだな、とつくづく思った。ただ「まじめにやれ」「できないのなら出て行け」と怒鳴っても生徒サイドにしてみれば「はい、そうですか」というわけにいかない。生徒のために一生懸命泣いてくれる先生だからこそ慕われる。それはどこの国も同じ。(58歳 男)
あまりに面白かったので二日続けて見ました。三、四月の投票に期待します。フランス語の発音が良すぎました。(43歳 男)
エンディング曲、名曲が使われていました。12月作品に期待します。投票させていただきました。(43歳 男)
フランスでは若い人の失業が多いと聞く。10代前半で学校を放り出されたら、どこへ行けというのか。その子たちの多くはギャングの手下となり、ドラッグの取り引きの一番キケンな所で生きる。そのほとんどが移民の子どもだと聞くとせつない。映画は大ゲサにラストを描かない所がステキ。(匿名)
学ぶことの楽しさを子ども達に教えてくれた先生に出会えた子どもは幸福! 愛と忍耐、なかなか出来ないことですよね。(匿名)
殺人も女性に対する暴力も何もないのがよかったです。「郊外もの」としてはとても穏やかでほのぼのとした映画でした。前に自宅で見た仏ドラマ(刑事もの)は偏見にあふれていてとてもイヤだったので、甘いと言われるかもしれないけど、こんな映画やドラマがもっとふえてくれるといいと思います。

楽しかった。自分の学生時代を・・・。(83歳 女)
こういう先生がおられたら生徒もハッピーですね。この先生が悩みながら手探りで工夫していく様が上手く描かれていましたね。多種多様な生徒達も悩みながら成長する姿がよかったです。(73歳 女)
最後の歌とメロディがいいね。中学生がこんな先生に出会えたらGood。今の日本の教育はどうでしょうか。先生がかわいそうやね。エーところほめ、子どもの目線でほんまによかったわ…。先生次第。子ども本位に!(72歳 女)
エンディングの曲とてもなつかしく胸があつくなりました。人を育てる、育つは、いつの時代でも難しいなと思います。でも人間を信ずる事かな?と思います。(71歳 女)
フランスの教育(移民の多い社会)そこで教育からも切り離される若もの。複雑な社会をみました。一年ばかりではなくもっと経験のある教師が長くおれる制度があれば…と思った。(70歳 女)
先生の頑張りと生徒の関係がとても良かった。(68歳 男)
心が暖かくなるいい映画でした。フランスっていいな。カイセツがすばらしかったです。(66歳 男)
いまの学校を考えると、子供たちひとりひとりがのびやかに人にみとめられて、自信を持ってすごせることが保証されているのだろうかと考えさせられた。人として、みとめられていくことと学ぶことの楽しさで、生徒が変わっていき先生もかわっていく場面にすくわれました。(コーラスにあらわれていた)(65歳 女)
あちらこちらに小さな笑いの種が散りばめられた心暖まる映画でした。何よりセドゥなど子ども達の変化と成長がすばらしく、人間の可能性を信じさせてくれました。フーコー先生、ベテラン教師の真髄を見せてくれました。子ども達の姿をよく見て、自らを変えていきました。きっとクロエ先生も帰ってくるような予感がします。いい男にはいい女がよく似合うと思うから。(63歳 男)
うーん。自分の中高時代を思い出しました。いろいろ問題はあるだろうけれど…前向きにいかなあかんのやろうね。(60歳 男)

久しぶりに心あたたまる映画を見せていただきました。先生も生徒によって変わり、生徒も先生によって変わる。失いかけた恋人も帰ってくるのでは?(78歳 男)
初めて意見を書きます。三・四月のアンケートで『生きる街』を見たいです。当映サは外国映画ばかりですので、日本の良い=みたい映画も取りあげて欲しいです。今日の最初の予告編を見てそう感じました。(男)