神戸映画サークルの作品紹介をテキストでご案内します。
職場、地域などの会報にご利用ください。


10月例会『僕の帰る場所』
原題:Passage of Life(2017年/日本・ミャンマー/98分)

予告編はこちら

監督・脚本:藤元 明緒
撮影:岸健 太朗
出演:カウン・ミャッ・トゥ、ケイン・ミャッ・トゥ
ある在日ミャンマー人家族に起きた、
切なくも心温まる感動の実話

 東京の小さなアパートに住む、母のケインと幼い二人の兄弟。入国管理局に捕まった夫アイセに代わり、ケインは一人家庭を支えていた。日本で育ち、母国語を話せない子ども達に、ケインは慣れない日本語で一生懸命愛情を注ぐが、父に会えないストレスで兄弟はいつも喧嘩ばかり。ケインはこれからの生活に不安を抱き、ミャンマーに帰りたい想いを募らせてゆくが…

 日時:10月11日(金) ①11:00 ②14:00 ③19:00
         12日(土) ①11:00 ②14:00 ③18:00
       上映時間に注意してください

 ■会場:神戸アートビレッジセンター KAVCホール
 ■会員料金:1,100円/(当日) 1,200円
 ■前売料金:1,300円(当日:一般1,700円)
 ■シニア・障がい者・大学生以下料金 1,300円


11月例会『12か月の未来図』
原題:LES GRANDS ESPRITS(2017年/フランス/107分)

予告編はこちら

監督・脚本:オリヴィエ・アヤシュ=ヴィダル
原案:リュドヴィク・デュ・クラリー
出演:ドゥニ・ポダリデス、アブドゥライエ・ディアロ
そのとき、人生に光が差し込んだ。僕たちの一期一会。
フランスの中学校を舞台に、エリート教師と移民の子どもたちの交流と成長を映し出すヒューマンドラマ。
移民、貧困、保護者の無関心、不幸な環境の中で過ごしてきた彼らに、前任校と同じ指導は通用しないと悟った教師フランソワは、生徒自身が自らの能力と未来を信じられるようにと意識改革を開始する。
「勉強しても意味がない」と無力感の塊だった生徒たちはフランソワの熱意ある指導で知的好奇心と自信を取り戻し、『レ・ミゼラブル』全編を読み込む授業に取り組めるほど授業態度が向上していく…。

 日時:11月21日(木)・22日(金)①11:00 ②14:00 ③19:00
       上映は平日です

 ■会場:神戸アートビレッジセンター KAVCホール
 ■会員料金:1,100円/(当日) 1,200円
 ■前売料金:1,300円(当日:一般1,700円)
 ■シニア・障がい者・大学生以下料金 1,300円


12月例会『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』
原題:BUENA VISTA SOCIAL CLUB adios』(2017年/イギリス/110分/BD上映)

予告編はこちら

監督ルーシー・ウォーカー
製作総指揮ヴィム・ヴェンダース
「誰にでも人生の花はいつか必ず咲き誇る」
   最後の瞬間まで輝く生命を描く音楽ドキュメンタリー
 
 日本でも大ヒットを記録した1999年製作の音楽ドキュメンタリー「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」から18年を経て、現メンバーによる最後のツアーを追ったドキュメンタリー。
 本作では、グループによるステージでの活動に終止符を打つと決めた彼らの「アディオス(さよなら)」世界ツアーを追うとともに、彼らのプロとしてのキャリアの浮き沈みやこれまで歩んできた旅路、さらにメンバーの死にも迫る。
 前作で監督を務めたヴィム・ヴェンダースが製作総指揮、『ブラインドサイト 小さな登山者たち』のルーシー・ウォーカーが監督を務めた。
 日時:12月20日(金) ①11:00 ②14:00 ③19:00
         21日(土) ①11:00 ②14:00 ③18:00
       上映時間に注意してください


 ■会場:神戸アートビレッジセンター KAVCホール
 ■会員料金:1,100円/(当日) 1,200円
 ■前売料金:1,300円(当日:一般1,700円)
 ■シニア・障がい者・大学生以下料金 1,300円