「木崎理論」とは何か 映画鑑賞運動の理論と木崎敬一郎
塩見正道 著 風来舎  46判並製  140頁  1300円+税

神戸映画サークル協議会の理論的支柱であった木崎敬一郎(1932~2015)。1950年代後半から70年代初頭まで木崎が格闘した映画サークル運動の軌跡を当時の機関紙誌、関係者への取材などをとおして、木崎のめざした「実作者と観客の対等な結集」とは何かを検証する労作。

購入ご希望の方は当会まで、メールもしくはファックスで、ご氏名、ご住所、電話番号、購入部数をご連絡ください。折り返し郵送いたします。本の代金は同封する「郵便振替用紙」にて送金ください。
全国の書店からでもご注文になれます。そのばあい、「地方・小出版流通センター扱いの本」と申し出てください。
神戸映画サークルで取り扱い中
電話 078-371-8550
メール kcc1950@kobe-eisa.com