世界の映画を楽しみましょう

2015年07月『ジミー、野を駆ける伝説』

  • HOME »
  • 2015年07月『ジミー、野を駆ける伝説』

◎大変良かった  ○良かった  ◇普通  ◆あまり良くなかった  ■その他

◎アイルランドは今も独立を目指していますが、上からのよく圧で思う様にいかないのが気の毒に思う。(84歳 女)
◎あれこれ考える前に久し振りに心を洗われた幸福感で姫路まで帰って行けます。(84歳 男)
◎ジミーのような人物が今日本にいたらついていく。憲法を守るために!(79歳 男)
◎ 日本では権力が暴走している時代だけに人間の原点に触れる映画に感謝します。(79歳 男)
◎ケン・ローチ監督にひかれて観ました。英国の歴史をもっと学ばなくては、アイルランド、スコットランドなど、それぞれに独立の苦しみがあったことを知ってはいましたが、深く知りたくなりました。(75歳 女)
◎大地主や牧師等権力者がジミー達仲間を追いつめたり、力のない小作人をヨウシャナク路頭に迷わせる姿は安倍政権が国民の意見を無視して暴走する姿と重なった。ジミーは実在の人なんですね。映像の中の言葉「ただ生存するためではなく、喜びのために生きよう」何か元気をもらう印象的な言葉でした。(74歳 女)
◎ケン・ローチの映画はいつも心に残る。今回もそうだ。ジミーのお母さんが素晴らしい。母は偉大だ。ジミーの「ホール」は焼かれても自由の精神は引き継がれる。(74歳 男)
◎ジミーはすばらしい。母親もすばらしい。今も日本に似ている。正しい事が政府には通じない。(74歳 男)
◎困難があっても勇気をもって闘う人がいる…。現代にも脈々と受け継がれているのだ。情勢は厳しくても頑張れと言われたようでした。とてもいい映画でした。(71歳 男)
◎人にはそれぞれ立場があり、そこから自由でいられるのはどれほどいるだろうか。いつでも、どこでも。悲しいことだが、その繰り返しがつづいている。(71歳 男)
◎父の戦死した1945・12がジミーの命日であった。現在の日本の政権と合わせて、いろいろ考えさせられた。音楽とダンスも素敵であった。(70歳 女)
◎闘う人はいつも良心の声に耳を傾けると行動する人になるんだなぁと思いました。彼は若者の先生だったんだとlastで分かって希望がわいた。思ったより静かな映画だった。(70歳 女)
◎私の好きな監督、ケン・ローチの心に残る作品でした。しかし一世紀も経った今も事の本質は少しも変わっていない。アイルランドの緑の美しさとちりばめられたユーモアに心がなごみました。(68歳 男)
◎この映画で、いつの時代も権力者が自分たちの利益の為に真実をまげる。それでも真実をつらぬき、ぶれない。それが小さな力でも歩みつづけなければと、過去から未来について学ばせてくれました。(68歳 女)
◎冷房がきつすぎた。省エネをめざしましょう。『麦の穂―』をもう一度観たい。(65歳 女)
◎さすがケン・ローチ! ボクもジミーみたくなるぞ。65才やけど。(65歳 男)
◎封切り当初見ていたので二回目だが、「独立前後のアイルランド」の講演(学習会)も聴いていたので、よりよく理解できた。無名のこのような活動家の存在を映画にしたことは素晴らしいと思います。アイルランドの広大な原野の素晴らしさと、貧しい農民。イギリスとの確執。独立運動。長い歴史の中で培われた独立と自由の精神。やはり長い民衆の抵抗の歴史が必要なのですね。日本もこれから…。(68歳 女)
◎ホールでの二人のダンス。新聞にのっている母親の言葉。最後に若者につなげる希望。上質な映画でした。(67歳 女)
◎冷房が全体にきついです。省エネしてほしいです!少々暑くてもガマンしますよ。映画は80年以上前のこととは思えませんでした。一部の超富裕層が世界を支配する構造は何も変わっていないです。歴史をふり返って、今どうすべきかを考えていかないと、と思いました。(63歳 女)
◎日本にも、ジミーの様なスーパーマンが現れてほしいですね。(62歳 男)
◎母からジミー、そして若者たちへ、人を愛する心が伝わっていく。大切なものが受け継がれていく。心暖まるいい映画でした。ありがとう。(62歳 男)
◎とてもいい映画だけに悲しい。100年経っても争いはなくならないし、宗教の名をかりた、みにくい行為はまだ続く。これは人間の業で仕方ないのか…複雑です。例会学習会に参加したことはないですが誌上でいつもお世話になっています。とても参考になるし少しでも映画を深く見る助けになっています。(60歳 女)
◎尊敬や利益を自分たち少数で独占しようとする人たちは、皆が生き生きと暮らし、話し合い、一人一人を大切なものと認めることを恐れ、弾圧するのですね。何の神様でも一番貧しく悲しい思いをしている人に優しくないものは良い神様でないでしょう。朝日ホールもジミーのホールと同じお気持ちで、がんばっていて下さるのですね。ありがとうございます。(60歳 女)
◎主人公ジミーもさることながら、シェリダン神父も天晴れと思ってしまったのは私だけだろうか。二人は敵対しながらも、その誠実さと信念の固さを認めていた。ああいった人間への尊敬という心を、自称神戸市長久元喜造とイカレ兵庫県知事井戸敬三は持ち合わせていない。地方が自治を獲得してもうすぐ70年。だというのにこの神戸、この兵庫はかつてのアイルランドのように腐敗と暴政を強いられている。今立たねば、人間性が危険にさらされるだろう。(26歳 男)
◎ただのハッピーエンドではない終わり方に時代のリアリティを感じた。それだけにジミーを追ってくる人々のラストシーンには思わず涙がこぼれた。(21歳 女)
◎二人の心が一緒になるダンスシーンの美しさ。ケン・ローチはロマンティックな人なんだと思った。ラスト、若者たちが追いかけてくるシーンに感動。(匿名)
◎久々のケン・ローチ。映画の王道を行く作品でした。ジミーは野にいた活動家の一人、彼の行動の原動力が母が行っていた移動図書館運動にあるということが、驚きでもあり、納得でもありました。暖かいコミュニティづくりは、今の日本の課題ですね。(女)

○主人公はいつも周囲に巻き込まれる人柄で、ある意味それは運命なのだと改めて思いました。宗教対立、階級制度など難しいところもありましたが、庶民の貧しい暮らしぶりが悲しかったです。(63歳 女)
○ローチの映画の中では登場人物がやや没個性的で、結果として「教条的」感じられる作品かと。(62歳 男)
○1930年代のアイルランドというのがちょっとわからなかった。「ホール」という人々が集うことは世の中を変える大きな力になりうるという示唆を受けた。例え楽しいダンスであったとしても支配者は恐れるようだ。労働者の知恵と力を集めることが出来たら、なおさらだ、と現代の日本を思いながら見た。(59歳 男)
○残酷だった。ジミーがアメリカ人、彼の母親がアイルランド人。母子であるにもかかわらず、強制送還という形で引き離されるなんて!!(54歳 男)
○今の時代の日本にもこんなホールがあればよいのに大人も子供も皆がいける児童館みたいでよっぽど健全なのに。時代と国の事情が違えば、それが危険分子になるのか? 日本のこともアイルランドのこともよく分かっていない私ですが、知らない出来事、アイルランドのこと、少し知れてよかったです。(48歳 女)
○アイルランド独立とその間の内紛の経緯を知らないので少しわかりにくかったところがありました。所々に散りばめられたユーモア精神に救われた思いがします。(匿名)
○もう少し背景を勉強して臨むべきでした。前半の中位まで少々分かりづらかった。(女)

映サニュース

7月例会『レ・ミゼラブル』学習会

「ヴィクトル・ユーゴー その人生と『レ・ミゼラブル』」  講師 坂本 千代氏(神戸大学国際文化学研究科教授)   日時:7月11日(火)午後7時〜8時30分   場所:グストハウスギャリー   参加費:会員500円 / …

7月例会『レ・ミゼラブル』

機関誌7月号 通巻775号より抜粋  原題:Les Misérables  監督:トム・フーパー  出演:ヒュー・ジャックマン ラッセル・クロウ  2012年/英/158分 「レ・ミゼラブル」映画の世界  7月例会フラン …

ひとくち感想 4月例会『歌声にのった少年』

機関誌7月号 通巻775号より抜粋 『歌声にのった少年』ひとくち感想 ◎大変よかった ○よかった ◇普通 ◆あまりよくなかった □その他 ◎とても感動しました。ありがとう。(友人と二人)(75歳 女) ◎紛争のことはよく …

7月シネ・サロン

◆7月シネ・サロン お題は  『セールスマン』(OSミント神戸 6/17~上映)  『草原の河』(KAVC 上映中~6/23)    7月3日(月)午後7時―8時    映画サークル事務所  ※サロン後、場所を変えていつ …

「映画大学 in 神戸」

「映画大学 in 神戸」 講師が決定しました 7月28日(金)~30日(日)の3日間 JR元町駅北側すぐの私学会館を会場に、第46回全国映連映画大学が開催されます。 このたび講師のみなさんが決まりましたのでお知らせします …

PAGETOP
Copyright © 神戸映画サークル協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.