世界の映画を楽しみましょう

2015年05月『タンゴ・リブレ』

  • HOME »
  • 2015年05月『タンゴ・リブレ』

◎大変よかった  ◯良かった  ◆普通  ◆あまり良くなかった

◎今迄にない新しい感覚の映画(最終場面)を痛切に感じました。しばらくは心に残るでしょう。(73歳 女)
◎これで二回目でしたが、やはり最後は笑えました。しょうがない人たちですね。タンゴ、今までのタンゴと違って又良いダンスでした。(72歳 女)
◎ラストシーンで全てが納得された。タンゴと女性の魅力に万歳!(70歳 女)
◎『Shall we ダンス?』みたいな映画だと思っていたので巻頭のアクションに驚く。ラストシーンで大笑いするところをシーンと見ている日本人には発想もできない映画だろう。「自由」ということについて考えさせられる。(六〇歳 男)
◎タンゴが怒りや情熱、抵抗の踊りだったのに感激しました。(70歳 女)
◎囚人と家族と看守の三角関係、人物ベースでは五角関係の、表面(言葉、行動)と内面(心理)まで、深読みしたら、キリがないくらいの話だが、それもありかと思う私。(70歳 男)
◎タンゴの魅力を教えていただきました。(62歳 男)
◎メチャ、シリアスな展開ではじまったと思ったら、最後はコメディーになるのね! そーか、タンゴは自由なのね。ラストの5人の笑顔がムチャ良かった! サイコー!!(60代 男)
◎フシギな、非常に面白い映画でした。タンゴはどこかへいき、意外な展開。期待をいい意味でか(?)裏切られ、「なんて映画だ!」と思わず叫びたくなる結末でした。アリスを愛する三人の男達と、息子、これからうまくいくはずがない。でもHappyを祈りたくなる。(57歳 女)
◎『天使の分け前』の時も思ったのですが、日本の罪への感情とヨーロッパのそれとは根本的に異なるのではないでしょうか? ストーリーには断片的に様々な要素が盛り込まれているようです。タンゴのパーカッシブな解釈はとても面白かったです。個人的にはあのダンスシーンをもっと長く観たかったですね。(53歳 男)
◎全く予想のつかない展開と結末に驚きでした! いやー面白かった! なぜかソーカイです。これもラテンのリズムの成せるワザ?(53歳 女)
◎人生を棒に振ってまでの愛かぁ。映画だからあるのか? 本当にあるのか? 私はかけ引きしてしまうな。(48歳 女)
◎静かにみんなが人間味をとり戻していくのがよかった。思いつめた日々が、思いもしないことで脱出できるのか爽快でした。(女)

〇タンゴに浸りたくてきました。不思議な印象が残る映画ですが、面白く見ました。牢にいる男の人たち、すごい踊り手ですね!(70歳 女)
〇ストーリーとしては、良かった。ただしおとぎ話として読み取りました。(70代 男)
〇日本人には??と思うところがある。南米のカラッとした血のせいかしら? 人間は孤独で、だから、情熱とか愛とかを求めるのだろうか。(66歳 女)
〇もっとタンゴが前面に出た、感動のドラマやと思ったが、そう来るか!というラストやけど、まあいいか。何か立場や常識の垣根が非常に低い、素直な人間のドラマでした。(65歳 男)
〇タンゴの踊りとタンゴ音楽が良かった。(65歳 男)
〇今回は二度目で、ようやく喜劇だということがわかりました。結末はどうなるのかわからないけど、楽しく見ました。おどることは誰でも楽しめるものだとあらためて思いました。(63歳 女)
〇それが人生さ。おもしろい映画だった。(62歳 男)
〇テアトルで観ていたので二度目ですが、一回目とは違い、深い所まで観ることができて良かったです。たかがダンス、されどダンス。タンゴにかける情熱は恋愛を超えて、人生そのものですね。命がけの一曲に心が痛みます。アリスを囲む四角関係はどうなるのでしょうか。これに比べて、元映で観た『白夜のタンゴ』はのどかで、お国柄でしょうか。(61歳 女)
〇こういう結末とは…全く予想外の展開でした。役者さんは各々の役にとてもはまっていて、さすがだと思いました。ものすごく人間臭さを感じました。(60歳 女)
〇映画に色々な見方があるように、作り方にも色々あっていい。この映画のように「なんでこうなるの」を連発されると、ついて行くのが大変と思う。でも、緊張する画面と音楽、登場人物たちの真剣な眼差し、所作には何事かがあるのかと思いをめぐらしながら見た。ラスト、自動車に乗り込んだ5人の笑顔がそろって、これが「タンゴ」かこれが「リブレ」かと落ちを見た感じ。まあいいか。(59歳 男)
〇日本人にはわからないラストでした。こうくるのか? 意外にも男性の純粋な愛が見えてくる。ハチャメチャな中でアリスがとても魅力的すぎる。(61歳 女)
〇予想外の展開にびっくり!! もしかして主役はタンゴなのかな?(61歳 女)
〇重たかった。あのように複数の男を愛することができるのは、いったい何なんだろうか? 女になってみないとわからないことなのか、とつくづく思った。(53歳 男)
〇タンゴのシーンがかっこよかった。ラストは意外だったけど、映画だからいいのかなと思いました。(42歳 女)
〇あの後、三人の男と一人の女(と一人の男の子)がどうなるのか気になります。(41歳 女)
〇意外な終わり方でした。主人公には共感できなかった。その他の人物の描き方はよかったと思う。(女)
〇変わった映画ですね。まじめな人はダメだと思うけど、私はおもしろいと思ったので。もう少しタンゴを多く見てみたかったと思うのでマイナス一です。「現実」じゃないので(これでは困ります)「おとぎ話」だとすれば許せます。(女)
〇おどろきのラストに笑うしかない、と思ってしまうが楽しめた。男同士のダンスシーンはカッコよくて…。登場人物のひとりひとりの個性がうまく描かれている。優れた俳優たちだ。

◇上映に先立って、会を代表して説明する人の服装、態度はひどく、観客に対して失礼です。会の品性を表しています。観客並の服装、態度を望みます。(75歳 男)
◇タンゴの踊りが、人々の心に何かを与える→私の経験した事のない内容だったので、ストーリーからも伝わって来るものがよくわからなかった。ゴメンなさい。(67歳 女)
◇見終わって、バカバカしい筋立て!と思いつつ、あんなに自由奔放に(感情の赴くままに)なれたらいいな、とも思った。それはタンゴの力??(64歳 女)
◇最後まで煮え切らない態度をとっていた、ある意味主人公らしからぬJCがラストに取った行動にはただ呆気にとられた。あれは一体なんだったのか…。(26歳 男)
◇男と女の愛の形、結婚の形も本当は正解はないのかもしれないが、私には難しく考えさせられた映画でした。(女)

◆『タンゴ・リブレ』という題名で見たが、タンゴとは無関係のB級作品だった。本当のタンゴ映画を見たい。(70歳 男)
◆凡人の私には理解できない展開の映画です。①囚人と家族のオープンな状態での面会。②刑務官がだらしない。③夫と浮気相手の男性および妻が仲が良いこと。(60歳 男)
◆〔希望〕『シンプル・シモン』(60歳 女)
◆最後は痛快だった。デジタル映画がかけれて、見たい映画が増えそうで期待大です。(52歳 女)
◆んー。もっと素敵なタンゴが見たかった。どうにも感情移入できない。久しぶりに腹が立つ映画。(50歳 女)
◆意外な人物設定と物語の展開に(?)ついて行けない面があった。タンゴ等踊りには人間の生きる原点があるとは思うので、監獄でタンゴにはまっていく人達〜人間らしさを取り戻して行っているのだろうか?(女)
◆題名のイメージとかけ離れ、びっくり。

映サニュース

市民映画劇場5月例会『太陽のめざめ』

機関誌5月号 通巻773号より抜粋 原題:LA TÊTE HAUTE 監督:エマニュエル・ベルコ 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ 2015年/フランス/119分 少年の更生を見守り続ける物語 この映画の邦題は「太陽のめざめ」 …

ひと口感想『ニュースの真相』

機関誌5月号 通巻773号より抜粋 『ニュースの真相』 ◎大変よかった  〇よかった  ◇普通  ◆あまりよくなかった  □その他 ◎報道は権力にこびず、おくせず真実を伝える。自分の尊厳をかけてすがすがしいジャーナリスト …

5月例会学習会

「児童自立支援施設を知っていますか~私の出会ったこどもたち」  講師:舟積常明先生(若葉学園長)   日時:5月11日(木)午後7時-8時30分   参加費:会員500円 / 一般1000円   会場:グストハウスギャラ …

5月シネ・サロン

お題は  『ムーンライト』(シネ・リーブル神戸 4月29日~)  『私の少女時代』(元町映画館 4月29日~)   5月8日(月)午後7時―8時   映画サークル事務所  ※サロン後、場所を変えていつもの元町駅すぐの「ら …

市民映画劇場4月例会『歌声にのった少年』

機関誌4月号 通巻772号より抜粋 原題:YA TAYR EL TAYER 監督:ハニ・アブ・アサド  出演:タウフィーク・バルフム 2015年/パレスチナ/98分/配給:アルバトロス・フィルム 歌声が世界の壁を越えてい …

PAGETOP
Copyright © 神戸映画サークル協議会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.